豊富な解析機能



HOME > インターフェイス > 解析機能

サロンワークスはグラフィカルな解析機能を用意しています。
解析メニューの操作方法も簡単。サロンワークスでは難しい設定や手順等は一切必要無しで解析を行えます。

サロンワークスは月々の売上や来客数,売上比率など様々な解析機能があり、それぞれに適したグラフ表示を行います。
右図は全顧客情報から売上上位20%の顧客が占める売上の割合をグラフ表示です。
全売上の8割は2割が占めている場合、全顧客に対するサービスより2割の顧客にしぼったサービスの方が効率が良い事が推測出来ます。

様々なグラフ表示

特定期間内の売上,来客数,来客単価,来客数,顧客単価も1クリックでグラフ表示。
また、売上や来客数等のデータは過去のデータと比較してグラフ表示することも可能です。
売上情報を商品グループ毎に区分けして詳細に解析します。1クリックで、商品グループ毎に区分けした売上金額をグラフ表示することが出来ます。
詳細解析を行えば、いろいろな情報を重ねてグラフ表示することが可能です。

比較グラフでは顧客数の増減や売上金額、売上比率、客単価の切り替えもワンクリックで行えます。他のグラフでも同様に解析する条件が多数用意されています。

analytical04.jpg売上上位20%の顧客が占める割合
analytical05.jpganalytical06.jpg
analytical07.jpganalytical08.jpg
analytical10.jpganalytical09.jpg

クリックすると拡大します。

gr_top.gif

セットされた解析条件

基本的な解析条件はセットされています。

使用頻度の高い解析条件は最初から準備されており、面倒な設定なしのワンクリックだけで解析を行う事が可能です。
analytical02.jpg
検索した条件を保存する事も可能です。頻繁に使用する条件は保存することでワンクリックで解析結果を表示する事が可能です。

analytical12.jpg

自由な解析

売上の詳細解析では初期値としていくつかの解析条件が用意されています。
 ・月毎の施術料別分布グラフ
 ・月毎の来店回数別分布グラフ
 ・月毎の失客,新規,指名 グラフ
 ・月毎の調整金額グラフ
上記の解析条件を金額から来客数に変更するだけで、来客者数のグラフを表示する事が出来ます。
色やグラフ形状,数値の倍率も自由に設定可能です。
施術料(金額ベース)の分布毎に色分けをしたグラフ表示や売上金額をお客様の来店回数の毎に色分けをしたグラフ表示など、様々な条件の解析が可能です。

ページの先頭へ


動向分析

経営戦略をより強力にするツールとして....

再来店動向分析

例えば、経営戦略上欠かすことができない表=「再来店動向分析」
お客様の満足度を調べるにはアンケートやいろいろな手法がありますが、それらの手法では、感情やその他の要素により、現実の行動と違う結果をもたらすこともあります。
そこで、大局的にサロンの状況を判断する情報のひとつとして、再来店されたお客様の解析のために「再来店動向分析」をご利用ください。
analytical_a02.jpg
再来店動向分析により、再来店していただけたお客様(合格点を出していただけたお客様)の解析が行えると言えます。満点を目指し、常に合格点を獲得し続ける経営のためにご利用ください。

analytical_a01.jpg

グラフによる再来店動向

analytical_a03.jpg表だけでは把握しにくい数値データをグラフ表示で簡単に理解できる様になっています。新規客と固定客の失客率をや再来店数と失客数の比較など、様々な視点からの解析が行えます。


  • 動向分析のグラフ処理にはサロンワークスProの環境が必要になります。詳しくはこちらをご覧下さい。

ページの先頭へ

コンサルティング機能

小見出しを入力します

複雑な解析条件から売上を予測。
マーケットプランとその費用、及び、その効果予測を一括で印刷。
詳しい情報は、下に続く各説明をご参照下さい。
analytical13.jpg
過去の売上状況から、売上の予測を行います。現状を維持した場合の来客数,売上金額等を算出します。

算出条件:

  • 超優良客や優良客、新規客の来店数の推移を計算
  • 過去の推移から割り出された来客数分布と来客推移から予測される来客数を算出。
  • 失客率の推移をと来客分布推移から予想失客率と失客によって失った来客数を来客分布推移を考慮して、顧客分布毎の顧客単価から予想される売上減少を計算。
  • 過去の新規客の定着率から、お客さまの定着数を予測。予測した定着数から計算される来店回数と過去の顧客単価と売上増加を予測。

失客と定着客などの予測結果と顧客単価を計算して、予測期間の売上予測を出力します。
予測された結果を実積売上を比較して、売上増減の結果を判りやすく出力します。analytical14.jpg

売上予測

売上予測レポートは、解析期間(1年間)を指定して、解析結果から翌年の売上予測を出力する機能です。
失客したお客様を優良客と一般客で判断。優良客の失客の推移を算出して単純に割り振るのではなく解析期間中の年間顧客分布から失客数と その失客したお客様が再来店したと予測出来る回数を再来店日数から求め、来店予測数に反映しています。 一般客についても同様に算出します。
新規客の来店推移と過去の定着率から来店数と再来店予測数を計算。
売上予測金額は、顧客単価も優良客と一般客で区別して算出していますので、現状と現状を継続した場合の売上予測を詳細に出力します。

analytical15.jpg
ニュースレターを発行した場合の売上予測も行えます。
解析レポートから失客者数,新規客数と顧客単価を抽出して、それぞれにニュースレターを発行した場合の費用と、 その効果によって失客しなかった場合の売上予測を比較して、売上増を予測します。
ニュースレター発行にかかる詳細な金額はお見積依頼機能をご利用下さい。

ページの先頭へ

美容院ジブシーの売上

サロンワークスを使った解析サンプル

美容院予約サイトからの顧客は単価が低い?

美容院予約サイトから来店した顧客情報の解析を、サロンワークスをご利用いただいている店舗の実際のデータから解析を行いました。
hp_13.jpg
解析ではホットペッパーから予約した顧客とその他の顧客を、顧客単価や売上金額で比較しています。



hp_14.pdf

再来店動向分析で失客率を計算

顧客情報の検索や再来店動向分析を使用して、解析した結果は、ホットペッパーを通して来店した客は、一般客に比べて、1年間あたりの売上が63%で4割近く少ない顧客である。という事が判りました。

解析結果は Doticon_grn_Help.png特定の広告サイトからの来店客を解析してみる を、参照してください。